ホーム > 製品情報 > 栄養指導管理システム 食こそ医なり

指導管理機能

入院、外来、集団を中心とした管理は勿論の事、在宅、公衆衛生もバージョンにより使用可能です。

データ連携が可能なシステム

オーダリング・電子カルテシステムをはじめ医事システム、検査システム、介護支援システムとの連携がメーカー問わず可能となります。

結果出力

レーダーチャート、折れ線グラフ等様々な形式でのアウトプットが可能です。
また、診断結果により自動的にアドバイスを表示する機能も搭載しており、新人からベテランまでの栄養士様の強い味方となります。

帳票出力

様々な帳票レイアウトを搭載しており、患者様へのサービス向上につながります。
また、患者様個々に必要帳票の一括出力により、印刷の手間を省く事が可能です。

入院・外来患者様管理機能

患者様基本情報、病名情報は勿論の事、仕事内容、喫煙状況、生活リズムや目標栄養量の設定など様々な情報の登録・管理が可能です。

摂取状況入力

料理写真を見ながらの献立登録や頻度調査にて、目標栄養量との充足率をレーダーチャートにて瞬時に表示可能です。また、入院患者様は栄養管理システムから、献立情報の取り込みが可能となり、入力の手間が省けます。

結果出力

診断結果を帳票出力する事が可能です。また、摂取状況の結果に伴いシステムが自動でコメントを表示する機能も搭載しております。
コメントはその場で作成・修正が可能となり、次回以降も使用されたい文言は即座にマスタ登録する事も可能となります。

統計処理機能

栄養指導を行った件数、病名毎の件数等、各種統計機能を標準搭載しております。
栄養指導の実施状況を瞬時に確認頂く事が可能です。

辞書ツール(オプション)

服用されているお薬と食品の相互作用を表示・出力可能な機能も御座います。
また、食品マスタと連動し関連する栄養素の含有率の高い食品のリストを出力する事も可能です。